妊娠線

不妊治療などに悩む人の新たな選択肢の代理出産について

SITEMAP

代理出産を希望する場合はプログラムの流れを知っておこう

出産間近

不妊治療を長くしていても効果がない人にとって、代理出産は早くお子さんを授かるのに最も効果のある方法となります。この方法を選択する場合は海外のクリニックも経由することになるので、仲介業者を介することが一番安全です。代理出産に関する法律面にも熟知した専門業者を利用すれば、その後の問題もスムーズに対処してもらうことができます。
代理出産を希望して専門業者にお願いするならば、その流れを知っておき申し込むようにしましょう。まずは仲介してくれる専門業者を探すことからはじまりますが、その分野で長くやっている所をピックアップして複数比較するのが良いです。比較には実際に仲介業者と面談して、その対応や契約の内容についてよく見て決めるようにします。代理母となる女性についてはどう選ぶのか、最も大事なことなので忘れずに質問しましょう。費用の見積もりについても正しく出してもらい良いと思う専門業者が決まったら、正式に契約を交わすことになります。契約後は海外クリニックを決定して、その先に渡航しクリニックで採卵し受精卵を代理母に移植します。依頼者は日本に戻り代理母の女性の出産も待ち、お子さんが生まれたら引き取りに渡航しお子さんと対面になります。
専門業者は出生証明書や生まれたお子さんのパスポートなどの書類準備もサポートしてくれるので、出産後も不安なくお子さんとともに帰国できます。

不妊で悩む人にとって代理出産は有効な方法である

女性は子宮や卵巣の機能に問題があると、不妊治療を長く受けても妊娠が難しい場合があります。結果が出にくく女性の体にも負担が大きい不妊医療を続けるより、お子さんを欲しい人は代理出産という他の女性に出産してもらう方法を選んでみてはいかがでしょう。代理母となる女性は若く健康な女性を厳選しているので、着床も成功しやすく元気な赤ちゃんを代わりに産んでもらえます。
代理出産は日本の法律で禁止されていないので、国内のクリニックで行うことも可能です。ただし、実施しているクリニックが少なく探すのに苦労するので、海外での代理出産をサポートしている専門業者と契約する方がおすすめとなります。代理出産を希望する人が増えているので専門業者も多くなっており、日本でクリニックを探すより専門業者探しをする方が早いです。海外での代理出産を選ぶ際は渡航のアクセスのしやすさなども考えると、アジア地域で代理母を紹介してくれる業者にお願いするのが向いています。代理母の妊娠中の安全確認もしやすい面があります。
代理出産は自分以外の女性のお腹を借りるので、すぐには決心できない人もいるでしょう。不安を抱いてしまうものですが、代理の母体となる女性はすでに出産経験のある方となります。受精卵が丈夫に育つ好条件な母体なので、不妊治療より良い結果が得られます。

代理出産で選ぶことができるパターン

先天的に子宮がない人や病気で子宮を摘出した人でも、夫婦の遺伝子を引き継ぐ子どもを持つことができる方法が代理出産です。受精卵を代理母の子宮に移植し、そのまま妊娠から出産まで行って貰う方法です。この時に使用する受精卵には、いくつかのパターンがあります。

代理出産で使う受精卵の中で最も理想的なものは、夫婦の精子と卵子を体外受精させて作られた受精卵です。このパターンであれば、通常の妊娠と同じように夫婦の遺伝子を引き継ぐ子どもを持つことができます。ただ、そのためには卵巣機能が正常で卵子を採取できること、精子に問題がないことが需要となります。卵子が採取できない場合は、第三者の卵子と配偶者の精子から受精卵を作ります。反対に配偶者の精子に問題がある場合は、第三者の精子と卵子で体外受精を行います。そのため、どちらかの卵子か精子に問題があっても、代理出産は可能となります。

代理出産に関心はあっても、卵子や精子の状態に不安を感じる人もいるでしょう。そんな場合は、まず代理出産のエージェントと相談をするところから始めることがおすすめです。相談をして、条件などに問題がなければ、最適な形の代理出産を提案して貰うことができます。

ニュース一覧

SITE MAP

ピックアップ